16:23 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 19°C
    性行為は免疫機能向上を促進、学者が解明

    性行為は免疫機能向上を促進、学者が解明

    © Fotolia / Rdrgraphe
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 80

    英国スターリング大学の学者らが、なぜこれまで人類がクローンのような他の再生産方法ではなく、セックスを行ってきたのかを特定した。

    実験ではクローニングによって生まれた子供と有性生殖によって生まれた子供が比較された。

    実験には、両方の手段で繁殖するミジンコが用いられた。性行為によって生まれた生命体の感染症への耐久性はクローンのそれより2倍高かったと明らかになった。

    先に、老年性痴呆の予防に効く飲み物が明らかになったと伝えられた。

    関連:

    孤独な日本男性に救いの手―3D女性(動画)
    欧州に観客参加型セックス映画館オープン
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント