11:07 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

中国と米国の学者が、幹細胞の特別なダミーを用いることで、幾つかの器官を騙し、自らを若返らせることができると明らかにした。

『Nature Communications』によると、幹細胞のダミーは心筋梗塞を患っていた筋肉の後遺症を無くす助けになった。

幹細胞は今日、多くの重病や治療不可能な病気治療のための主な手段の1つとして見られている。例えば、第1期の糖尿病や網膜変性の際、細胞の一部はDHAの欠陥のため死んでいく。別の細胞に文化できる幹細胞により細胞集団を回復することで、問題を解決するか、少なくとも延命できる可能性がある。

一方、幹細胞の一部は、うちに変異があるために、がん細胞を促進する可能性がある。学者は幹細胞の破片とそのタンパク質を含んだ名の細胞を作った。ナノ粒子による作業の結果は、幹細胞によるそれと変わることはなかった上に、格段に安全であった。

先に伝えられたところ、ロシアとインドがコブラの毒を元にガン治療に役立つ新薬を開発した

関連:

ベルギー学者、地球消滅の日付を計算
タグ
科学, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント