12:27 2017年06月25日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    米国、大麻からウォッカ

    科学者はついにアルコールから肝臓を守ってくれる薬の開発に成功

    © Flickr/ Yuri Samoilov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    21342152

    イズベスチヤ紙によると、モスクワ国立第一医学大学付属の再生医療研究所でアルコールなどの有害物質から肝臓を保護する薬物を開発した。

    材料は仔豚肝臓由来のペプチド剤で、保護のみならず、肝臓を再生できる。

    重症の際に注射剤、その他、錠剤でも服用が可能で、酒飲みにで弱った肝臓だけでなく、肝臓持病の大がかり外科施術後に治療の一環として用いられるわけだ。

    2017年から臨床実験に移る予定、と語る開発者。問題がなければ、3-5年後に国内市場に発売される見通しで、価格を安価で抑えられる。

    肝臓を治してくれる薬が出来ても、酒を飲んでも、酒に飲まれるな、と言っておきたいところだが、楽しい年初になりますように。

     

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント