20:23 2018年01月24日
東京+ 2°C
モスクワ-6°C
    中国でアラブ種の馬の紀元前の壁画発見

    中国でアラブ種の馬の紀元前の壁画発見

    © Fotolia/ Krugloff
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    140

    中国北部の内モンゴル自治区で、約2000年前のものとみられるアラブ種の馬を描いたとみられている壁画が発見された。新華社通信が報じた。

    壁画は中国とドイツの考古学者によって陰山山脈で発見された。壁画にはあぶみと革製の鞍を着けた純血のアラブ種の馬が描かれている。紀元前210年のものとみられている。

    さらに、山西省で900年以上前に描かれた、晋王朝時代の壁画が発見された。晋王朝は1135年から1234年まで続いた。壁画には、様々な仕事や料理をしている人々が描かれている。

    先に伝えられたところによると、中国の考古学者らが河南省の古墳から2300年前のものと推定される刀を見事な保存状態で発見。

    関連:

    旧聖書の原典が解読
    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント