11:35 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71
でフォローする

中国の学者達は、紫外線を発生させる世界最大の自由電子レーザーを開発した。新華社通信が伝えた。

自由電子レーザーとは、自由電子のビームと電磁場との共鳴的な相互作用によってコヒーレント光を発生させる方式のレーザーである。

開発に成功したのは中国科学アカデミーで、新しいレーザー装置は、ピコ秒あたり140兆光子でパルスを発生させる能力を持つ。これは、得られる紫外線を世界で最も明るいものにすることができる。

また報道によれば、波長を調整できるとのことだ。こうしたレーザー技術は、多くの分野で利用可能で、特に様々な物理的及び化学的プロセスの研究において大いに役に立つ。

科学関連ニュースはこちら

関連:

ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発
レーザー兵器を手に入れたかかし
タグ
科学, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント