00:32 2020年09月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 27
でフォローする

米国の生物学者らが結核予防ワクチンを開発。マウスの実験に成功した。「応用・環境微生物学(Applied and Environmental Microbiology)」誌が明らかにした。

「ニセ」幹細胞、マウスの心筋梗塞を治療
© Sputnik / Павел Лисицын
「我々は微生物を殺し、ばらばらにし、それからいわゆるバイオドロップを摘出した。このバイオドロップが自然界のプロダクトであり、いとも簡単に体内組織に感染していく。」ニュージーランド、パーマストン市のゴプキルク調査研究所のアクセル・ハイザー氏が明らかにした。

結核予防の主たる手段は現在BCGとされているが、その効果がどれほど続くのかについては意見が分かれている。

地球上には結核拡散の火種は根絶されていない。このため結核菌の新たな型に打ち勝てる予防ワクチンの開発は学界では最優先課題に挙げられている。

先に、日本の学者グループが、HPVワクチンは脳にとって危険であると発表した。日本の学者たちの研究は、学術界から激しい批判を浴びた。

関連:

露、印が開発のガン新薬、土台はコブラの毒
ビル・ゲイツ氏「世界はインフルエンザの猛威の前に無防備だ」
タグ
科学, ニュージーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント