06:37 2020年04月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米国の研究者らは医薬品の効き目は男女で異なるため、性別ごとの薬を開発すべきとの考えを表した。

研究では性別で開発したほうが医薬品の効果は高まるという帰結が出され、特に鬱予防や痛み止めは効果が異なるとされている。
これより前、認知症予防に効果のある飲み物が研究で明らかにされたというニュースが報じられた。

関連:

HPVワクチンは危険?日本の学者たちが激しい批判にさらされる
「ニセ」幹細胞、マウスの心筋梗塞を治療
タグ
科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント