05:29 2018年12月19日
NASA 火星探査機「キュリオシティ」の新たな発見を発表

NASA 火星探査機「キュリオシティ」の新たな発見を発表【写真】

© 写真 : NASA/JPL-Caltech/MSSS
テック&サイエンス
短縮 URL
138

NASAの火星探査機「キュリオシティ」が、火星の表面で粘土の珍しい堆積物を発見した。NASAジェット推進研究所が発表した。

米パサデナにあるカリフォルニア工科大学のネイサン・スタイン氏は、「これらの亀裂は恐らく水が干上がった結果生じたものだろう」と語った。

惑星科学者たちは今日、火星探査機が現在位置しているゲール・クレーターは干上がった巨大な湖の底であり、その痕跡をクレーターとその中央部のシャープ山が覆っているのではないかと考えている。

スタイン氏とその同僚たちは、NASAの学者たちがすぐに「年老いた飲んだくれ」と名づけた石を研究し、ゲール・クレーターに実際に水が存在した新たな証拠を発見した。

もし「年老いた飲んだくれ」を信じるならば、ゲール・クレーターの湖は周期的に現れては干上がることを繰り返し、その度に軟泥や粘土、その他の堆積岩の石化した「表層」を残していた。

NASA 火星探査機「キュリオシティ」の新たな発見を発表
NASA 火星探査機「キュリオシティ」の新たな発見を発表

先に、NASAの火星探査車「キュリオシティ」が、その活動を停止して、NASAのエンジニア達は、損傷の原因が究明されるまで探査車を一時的にストップさせたことは伝えられた。

関連:

火星で巨大な海発見
興味をそそる火星:表面に金属球発見
タグ
火星, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント