00:35 2018年12月13日
テック&サイエンス

適度な空腹は寿命を延ばす

テック&サイエンス
短縮 URL
0 110

ウィスコンシン大学マディソン校と国家戦略研究所の研究者は、低カロリーでほどほどの減食を行なった場合、人の寿命は延びる可能性があると考えている。

研究者らはサルに対して行った2つの研究を分析した結果、こうした帰結に達した。研究結果は「ネイチャー・コミュニケーション」誌に発表された。

カロリーをほどほどに抑えた食事続けた場合、オスで平均2年、メスで平均6年と30%も寿命が延びることがわかった。低カロリーの食事ではガンや循環器系の病気の罹患リスクも下がった。

同様の実験を人間に対して行なう計画はないものの、研究者らは分析結果は寿命を延ばす食事のありかたを考案する上で一助となると考えている。

先に、ロシアとインドの学者たちがコブラの毒からガン新薬を開発したと報じられた。

関連:

HPVワクチンは危険?日本の学者たちが激しい批判にさらされる
結核予防ワクチンが100年ぶりに開発
タグ
学説, 科学, 医療
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント