06:54 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    脳

    学者:電気ショックで女性の過食症と拒食症を治す

    © Flickr/ Allan Ajifo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    122

    電流をつかって脳を刺激することで、女性の過食症や拒食症の症状を軽減あるいは抑制することができる。英国の学者たちが、雑誌PLoS Oneに掲載された記事の中で発表した。

    昨年ウルリケ・シュミット教授とその英キングス・カレッジ・ロンドンの同僚たちは、過食症と戦うための新たな方法を提案した。それは女性の脳内の「食欲中枢」を開き、そこを磁場で刺激するというもの。

    問題は、経頭蓋磁気刺激システムが非常に多くの場所を占め高価であることから、自宅に設置することがほぼ不可能だということだった。また頭皮に接続して脳のしかるべきポイントに磁場を発生させるための電流を流すという事実上の電極セットの「ミクロ偏光子」と呼ばれる方法も存在しているが、これはより安価ではあるものの、効果が弱い。

    現在これらのシステムは病院でうつ病を抑制したり、米軍兵士の知的能力を向上させるために使用されている。

    シュミット教授とその同志たちは、40人の女性からなるグループを集め、この方法で「食欲中枢」を刺激できるかを調べた。半分の女性には実際には脳を刺激しない偽物の装置が渡された。なお彼らには偽物が渡されたことは知らされなかった。

    結果、電流の刺激が実際に機能していることがわかった。本物の刺激装置が渡された女性たちの過食症の症状の重さが、翌日には30パーセント緩和されたという。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント