07:38 2017年08月23日
東京+ 25°C
モスクワ+ 23°C
    学者 がん細胞がどのように体内を移動するかを明らかにする

    学者 がん細胞がどのように体内を移動するかを明らかにする

    © Fotolia/ kasto
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 49322

    イェール大学の学者たちが、皮膚がんの非常に高い攻撃性の秘密を解明した。細胞はリンパ球と融合することで、独立して移動し始めるという。雑誌 PLoS Oneに掲載された記事の中で述べられている。

    通常、免疫系はその細胞が常に内部にある初期段階の腫瘍を抑えることができる。だが細胞が独立して移動すると転移が起こり、免疫系はそれに気づかず、抑制しようとしない。

    学者たちは、以前骨髄移植を受けた患者の皮膚がんの症例を研究し、このような説明を発見した。この患者の転移したがん細胞の遺伝子は、半分が自分のDNA、もう半分がドナーのDNAからなっていることがわかった。

    学者たちは、このような結合について、リンパ球とメラノーマ細胞が融合することによって起こったとの結論に達した。結果、移動するリンパ球を有する細胞が形成され、それが勝手に増え続けるということだ。

    生物学者たちによると、同プロセスを阻害することで、患者の生存率が大幅に高まり、患者の生活が楽になるという。

    先に、米国の生物学者らとプログラマーが合同でほくろと皮膚がんの違いを見分ける人工知能を開発した

    タグ
    医療, 科学, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント