04:14 2020年10月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
457
でフォローする

性科学者たちは、多くのカップルの関係を分析した結果、2070年までにロボットとのセックスが普通になるとの結論に達した。

英サンダーランド大学のセックス心理学の専門家エレン・ドリスコル氏によると、今後50年で「セックス・テクノロジー」は男性と女性の古典的な関係をプリミティブなものにしてしまうという。

社会は年を追うごとにバーチャル世界にさらに深く入り込んでいる。人間が知的ロボットに恋をして、ロボットと性的関係を結ぶ可能性も排除できない。

専門家たちの意見は、ハイテクなセックス人形の需要が高まっていることに基づいている。

ドリスコル氏は、「バーチャルリアリティは、より現実的かつ魅力的なものになっている。そのためセックスを模倣したり、人間とのセックスの経験をより高める場合に、大勢の人がロボットとのセックスを選んで、人間とのセックスを完全に拒否しても驚くことではない」と指摘している。

それより前に国際研究グループが、視覚障害者は鮮やかな夢を見ることができると証明した。専門家が明らかにしたところ、視覚障害者もまた、視覚障害を持たない人のように頻繁に夢を見るが、視覚障害者の夢には匂いと味、音が 色濃く現れる。

タグ
エンタメ, 科学, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント