01:52 2018年11月17日
英米の地球物理学者ら 2050年までに電気システム崩壊を予測

英米の地球物理学者ら 2050年までに電気システム崩壊を予測

© 写真 : Public Domain
テック&サイエンス
短縮 URL
0 15

英国と米国の地球物理学者らは、2050年までに地球上で、電気システムの崩壊が起こることを予測した。

学者らは、2050年に太陽活動が最小限のものとなるとみている。

活動低下により、星の磁場を支配する太陽圏(ヘリオスフィア:太陽系の周囲の荷電粒子の泡)の量の三分の一が減ってしまが、それは、惑星のエネルギー・システム崩壊を引き起こす恐れのある高エネルギー荷電粒子の太陽系深部への侵入をもたらす。

また太陽活動の低下により、高緯度のみでしかオーロラが見られなくなり、特に英国からは見ることができなくなるとのことだ。

伝えられたところによると、大西洋におけるハリケーンとユーラシア大陸と米国での豪雨の件数が最近増加した理由は、地球温暖化によって、潜在的な地球の熱エネルギーが運動エネルギーに変わる効率性が上がったことにある。

タグ
学説, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント