22:24 2017年09月22日
東京+ 20°C
モスクワ+ 15°C
    学者たちがちょうどいい時に眠りにつく方法を見つける

    学者たちがちょうどいい時に眠りにつく方法を見つける

    © Fotolia/ Rodjulian
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 66270

    アメリカとスウェーデンの学者たちが、ちょうどいい時に眠りにつく効果的な方法を提案した。雑誌Current Biologyに、これに関する研究が掲載された。

    学者たちによると、平日にちょうどいい時間に就寝につくためには、休日に自然と触れ合うために出かけることで十分だという。

    また学者たちは、昼間は日光をより多く浴び、夜は電気照明を制限するよう勧めている。

    学者たちは、睡眠障害を持つ14人を観察し、このような結論に達した。14人のうち9人は休日にハイキングに行き、5人は自宅にいた。結果、ハイキングに出かけた9人は平日に睡眠の規律を回復することができたが、自宅にいた5人はできなかったという。

    先に学者たちは、視覚障碍者たちがどんな夢を見るかについて語った。

    タグ
    科学, 医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント