13:31 2017年07月27日
東京+ 26°C
モスクワ+ 20°C
    ロシアの化学者ら 航空機用合金にとって代わるポリマーを開発

    ロシアの化学者ら 航空機用合金にとって代わるポリマーを開発

    © Flickr/ Bill Abbott
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    11470230

    ロモノーソフ記念モスクワ大学の化学者らは、航空機用チタンあるいはアルミニウムよりも高い強度を持つ新しい高分子複合材料を開発した。

    専門誌Journal of Applied Polymer Science 及び European Polymer Journal.に発表された論文によれば、この材料を使って、超軽量航空機や人工衛星を製造可能だ。

    開発チームの一員、ボリス・ブルガーコフ氏は「我々は、摂氏450℃以下の温度での稼働に適した材料を作り出した」と述べている。

    ブルガーコフ氏が指摘しているように、あらゆるポリマー複合体の主要な問題点は、それらが高い温度に耐えられないことで、そうした欠点から航空機のエンジンは常に、金属で作られてきた。

    学者達は、金属に代えて、今回開発されたポリマーのような耐熱性プラスチックを使用すれば、航空機のエンジンの重量を著しく軽くすることができ、それらの設計を簡素化できるものと期待している。

    タグ
    科学, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント