15:26 2020年05月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
142
でフォローする

米国と英国の医学者からなる研究チームは、ヒトDNAの寿命の再構築を始める効果的な方法を述べた。

Experimental Physiology』誌に掲載された研究によって、1回の持久力トレーニングは、DNAの損傷箇所の再生を司る遺伝子発現を開始するのに十分だと示された。

研究チームはマウスを使い一連の実験を行った。マウスがトレッドミルで走っている間、チームは心筋機能を司る遺伝子の発現を監視した。走行の後、マウスの発現レベルは、安静時よりも高かった。

ヒトの体内で遺伝子の調節が行われるのも、同様の仕組みだ。チームは持久力運動をできるだけ多く行うよう推奨している。

伝えられたところによると、オーストラリアの学者グループは、一週間に最大許される労働時間について研究し、それをまとめた。

タグ
スポーツ, 科学, ブラジル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント