16:34 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    心理学者の新説:背筋を真っすぐ伸ばせは「うつ」に強くなる!?

    心理学者の新説:背筋を真っすぐ伸ばせは「うつ」に強くなる!?

    © Fotolia/ NOBU
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 94532

    ニュージーランド・オークランド大学の研究グループは、専門誌Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatryに発表した論文の中で、姿勢を変えれば、うつ病を直す助けになる、との説を発表した。

    学者達は、うつの症状がある61人ボランティアを事前にアンケートにより募集し、彼らを2つのグループに分けた。一つのグループは、実験の間中、背筋をまっすぐにして座ってもらい、別のグループは、好きな形で座ってもらった。

    彼らはいつもは、うつの人特有の姿勢、つまり背中を丸めた前かがみの姿勢を取っていた。そのあと全員に、5分間のスピーチをお願いし、その内容を第三者のオブザーバーが評価した。そして1022から13までのカウントダウンを、彼らに頼んだ。

    そうした作業の後、ボランティア達は、うつの症状の重さを明らかにするアンケートに記入した。その結果、背筋をまっすぐにして座っていた人達は、疲れが少なく、気分もよくなっていることが分かった。彼らは答えの中で、好きな姿勢で座っていた人より多くの言葉を用いたが「私は」とか「私に」といった単語の使用数は減った。通常、強いうつを感じている人達は、多くの言葉を使わない傾向にあり、その一方で、自分の抱える問題を言ったりすることを含めて、個人的な代名詞をしばしば使うと言われている。

    先に伝えられたところによると、米国と英国の医学者からなる研究チームは、ヒトDNAの寿命の再構築を始める効果的な方法を述べた。

    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント