03:25 2021年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
162
でフォローする

イスラエルの学者グループは、人は臨床死の際、映画や小説の中で言われているように自分の人生を一瞬のうちに「走馬灯のように」振り返るのかという研究に取り組んだ。

実験の枠内で、学者らは、イスラエルの医療センター「ハダッサ」の7人の患者とインターネット上のボランテイィア264人に、いろいろ質問した。

それによると臨床死は、実際、過去に関する一連の思い出を伴い、ある場合には、未来を見ることもあることが分かった。

質問に答えた人達は皆、思い出が鮮明で細かいことまではっきりしていたと指摘している。

また被験者は、臨床死の状態を自分の体の外に出た感じだったと証言したが、学者らは、これは頭頂側頭部の結節部分の酸素不足と関連付けて考えている。

全体として人々は、まず自身にとって意味のある人と会い、最も重要な思い出を見る事が多いようだ。出来事は、めったに起きた順番通りとはならない。

被験者は、臨床死の状態にあった際、平安、愛、感謝と苦い後悔といった様々な感覚を経験している。

なおすべての被験者は、臨床死の状態で、自分の人生や振舞いを評価し直したことを認めた。

伝えられたところによると、ドイツの学者たちは、高い知能を持っている人はブラックユーモアを好む特徴があることを明らかにした。

タグ
科学, 学説, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント