02:47 2021年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ポルトガルの学者グループは、髪の毛を他の色に染め変えたり、スタイルやメイクアップ、行動を変えたりすると、心理的不調につながる恐れがあることを明らかにした。

DNAは運動により再生可能
© Fotolia / Gstockstudio
彼らによれば、精神的健康に害がないようにするには、イメージチェンジは6年から7年に一回が妥当だという。これを頻繁に行った場合、精神的に不安定な人は、様々な心理的変調をきたす恐れがあり、ひどいケースだと統合失調症になる。これは、人が、新しい姿に夢中になり、それを、追いかけてゆくと、安定した個人としての自分自身を見失ってしまうからだ。

ロシアの心理学者でセラピストのオレグ・シェフチェンコ氏は、次のように分析している-「自分の姿を頻繁に根本的に変える傾向のある人達は、初めから心理的な不調に苦しんでいる。彼らはナルシズムに陥りやすく、他の人に対し優越感を味わいたいとの心理的病にかかっている。ナルシズムも度が過ぎると、治療が必要となる場合がある。」

先に、アメリカの心理学者らは、セルフィーの愛好者はセックスの不足に悩んでいると明らかににした。

タグ
科学, 学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント