03:55 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    ネットと人間の脳の働きは同じー学者

    ネットと人間の脳の働きは同じー学者

    © Flickr/ Evan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    145331

    米カリフォルニア州にあるソーク研究所の研究チームは、人間の脳とインターネットを結ぶ共通の動作原理を見つけた。ニューロンの活動はネットのチャンネルを介する情報の移動に似ているのだ。

    インターネットは、接続されているすべてのデバイス間のリンクを提供する原理で動作する。同様の特色が人間の脳にも見られる。全てのニューロンがお互いに協調して働くためだ。

    論文の共著者であるサケットナブラカ助教は、これらの発見が人工ネットワークおよびニューラルネットワークの理解を向上させることができるとの期待を寄せた上で、「エンジニアリングされたシステムと進化した生物学的システムが、同様の問題解決方法で発生することを発見したことは非常に興味深い」と述べた。

    先に報じられたところ、NTTレゾナントの専門家らは、心理学者のように人々にアドバイスする能力を持った人工知能システムOshi-elを開発した。

    タグ
    科学, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント