23:45 2017年12月13日
東京+ 6°C
モスクワ+ 4°C
    地球の生命を脅かす小惑星とは?

    地球の生命を脅かす小惑星とは?

    © Fotolia/ James Thew
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 42

    学者たちは、どのような小惑星が近いうちに地球と衝突する可能性があるのかを知った。

    NASA、「星の死」を公開
    © 写真: ESA / Hubble & NASA, Acknowledgement: Judy Schmidt
    学者たちは、小惑星の地球への落下は世界終焉のシナリオの一つであり続けていると述べ、このような脅威は実際に存在していると指摘した。

    危険なのは、750万キロの距離まで地球に近づくことができる小惑星。これは地球から月までの距離の19.5倍に相当する。

    また学者たちは、地球の大気を通過して地球に落下する際に小惑星がばらばらになった場合、被害の規模は甚大になると付け加えた。

    学者たちは爆発について、ツングースカ大爆発あるいは原子爆弾の爆発に匹敵すると予測している。

    先に、NASAの報道担当は、1月末から2月始めにかけて地球軌道上に巨大小惑星「2016 WF9」が現れ、地球を通過すると述べた。とはいえ、陰謀論者たちは、NASALが隠し事をしていて、巨大な天体は「人類共通の家」を殲滅すると確信している。

    タグ
    科学, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント