15:26 2018年11月16日
天文物理学者らが新たな終末の日を予言

天文物理学者らが新たな終末の日を予言

© Fotolia / Sdecoret
テック&サイエンス
短縮 URL
21521

米国人天文物理学者らが先ごろ新たな世紀末の日を公表。なんとあと30年後の2047年には地球の生命は絶滅するというのだ。

原因となるのは太陽。学者らは長年にわたり太陽の活動の活発化を観測してきた。まさにこの頃には太陽の活動は減退し、太陽圏が縮小し始めてしまうからだという。こうなるとあらゆる生命は生き残ることができず、黙示録の時代が到来する。

先に、バルセロナ大学の宇宙学者ファーガス・シンプソン氏は世界週末が到来する可能性を評価した。

タグ
学説, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント