09:49 2017年11月21日
東京+ 6°C
モスクワ+ 1°C
    学者:子供時代のガン治療は将来の性的発展に影響?

    学者:子供時代のガン治療は将来の性的発展に影響?

    © Fotolia/ Iurii Sokolov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 31103

    子供時代にガン治療を受けることは、脳の発達に影響を及ぼし、ロマンチックな性的関係を築くのを難しくすることも含め、脳の働きを悪化させる恐れがある。米オハイオ州立大学の研究グループは、そのように考えている。グループの研究の成果は、雑誌CANCERに発表されたほか、ポータル・サイトEurekAlert!でも見ることができる。

    研究グループは、子供時代にガン治療を受けた経験のある大人144人にアンケート調査し、それをもとに、彼らの精神的性的発達のレベル、性的満足度、現在の彼らの関係の満足度を明らかにした。

    それによると、アンケートに答えた人の指数は、全体として、対照群とは差がなかった。しかし、脳腫瘍をわずらったサブグループや、極めて毒性の強い薬物を投与された人達は、初体験そして信頼関係の構築、子供の誕生といった精神的性的発達の基本的段階を通過するに伴い、困難を感じていたことが分かった。

    なお先に日本の公益財団法人がん研究会は、2021年には人工知能を使ってがんの診断と治療方針の決定を行うと発表した。

    タグ
    学説, 科学, 医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント