00:09 2018年09月24日
海上に浮かぶ宇宙船発射基地「シーローンチ(Sea Launch)」

ロシア企業 太平洋に浮かぶ宇宙船発射基地プロジェクト発表

© AP Photo / Damian Dovarganes
テック&サイエンス
短縮 URL
0 141

ロシアの国営企業「エネルギヤ」は、海上に浮かぶ宇宙船発射基地「シーローンチ(Sea Launch)」用に、これまで使っていたウクライナのロケット「ゼニト」に代わる新しいロケット運搬用ロケットを、今後4年の間に開発する計画だ。スプートニク通信が伝えた。

「シーローンチ」は、国際プロジェクトで、その枠内では海上発射宇宙ロケット・コンプレクス(総合施設)が作られる。「シーローンチ」という会社は以前存在したが倒産し、2010年ロシアの国営企業「エネルギヤ」に吸収された。

その後2014年8月22日、ウクライナ東部・南部での戦闘が激化したのを背景に「シーローンチ」は、2015年半ばまで活動を再開することができないと発表した。またコンプレクスに必要なウクライナの「ゼニト」ロケットの供給も止まってしまった。

そして昨年2016年9月、ロシア企業「S7 Group」が、国際プロジェクト「シーローンチを買収し運営主体になることが明らかになった。会社の計画では、15年間で商業ベースの打ち上げを70回程度実施するとのことである。

1 / 3
海上に浮かぶ宇宙船発射基地「シーローンチ(Sea Launch)」

それより前にロシアの「エネルギヤ」社新しい宇宙貨物船開発の可能性について語った。

タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント