18:17 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    日本の学者 肥満の原因は睡眠不足だと考える

    日本の学者 肥満の原因は睡眠不足だと考える

    © Fotolia/ Olly
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 38842

    日本の学者たちが、睡眠不足だと体のエネルギー消費量は変わらないのに食欲が増すため、肥満につながることを明らかにした。

    常に睡眠不足の状態にある人々は、太りやすい。早稲田大学と花王の研究グループは、このような結論に達した。朝日新聞が報じた。

    朝日新聞によると、研究者らは平均年齢23.2歳の男性9人が、3日間に毎日7時間寝た場合と、3時間半しか寝なかった場合で違いがあるかを調べた。

    3時間半の睡眠の時も7時間睡眠の時も食事量は同じだったが、1時間ごとに空腹感を尋ねたところ、3時間半睡眠の方が空腹感が強かったという。

    朝日新聞によると、3時間半の睡眠を3日続けた直後は、7時間睡眠と比べて食欲を抑える働きがあるホルモンの血中濃度が約10%減ったという。起きている時間が長いと、食事というエネルギーをより多く必要とするようだ。

    タグ
    医療, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント