20:34 2017年03月25日
東京+ 9°C
モスクワ+ 2°C
    研究チーム 老化に関する遺伝子発見

    研究チーム 老化に関する遺伝子発見

    © Fotolia/ Studio Mike
    サイエンス
    短縮 URL
    156572

    ヒトDNAで、高齢者の脳の数十歳もの老化の加速や抑制に影響を与えるかもしれない遺伝子変異を発見した。論文は科学誌『Cell Systems.』に掲載された。

    スプートニク日本

    老化プロセスは遺伝子の特的のセットである「死のプロセス」をコントロールすると考える研究者もいる。

    米コロンビア大学のアサ・アベリオヴィッチとその同僚は、自然死した1904人から採取した脳サンプルを採取し、脳の老化速度に影響を与えるDNAの幾つかの区画を分析した。老化プロセスに最も影響を与えたのは神経細胞間の繋がり形成と、タンパク質の「ゴミ」の除去に関係する遺伝子変異体「TMEM106B 」だった。

    興味深いのは、この遺伝子は高齢になってからのみ「スイッチが入」り、65歳ころに脳の働きに影響することだ。原因は現在のところ突き止められていないが、あるストレスメカニズムに関係していると見ている。

    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      HopeRJ
      研究で色んな事が判るのも 良いんだけど...
      米国は、死去した人の 家族に 検体 協力のお願い とか 結構ポピュラーなのかな?

      日本は... 大学病院とか? 死亡原因などに因る ごく少数で
      研究の検体 協力て 殆ど聞かない? な 入院してた場合は知らせず 研究使用されてるかもしれないが?
    新しいコメントを読む (0)