02:09 2019年11月16日
英国人 ジェットエンジンの「空飛ぶスーツ」を発明

英国人 ジェットエンジンの「空飛ぶスーツ」を発明 【動画】

© Screenshot: WIRED UK
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42
でフォローする

英国の企業家リチャード・ブラウニング氏はジェットエンジンをつけた「空飛ぶスーツ」を発明。

スプートニク日本

「ジェットエンジン・ランドセル」は外見はパワースーツに似ており、航空機につけられているようなガスタービンエンジンが6本装備されている。設計者によればスーツの最高時速は450キロで、最長12分の飛行が可能。

「空飛ぶスーツ」は古代ギリシャ神話に登場する有名な発明家にあやかり「ダイダロス」と命名。開発費用は4万ポンド(およそ5500万円)にのぼった。発明に至ったきっかけについてブラウニングさんは漫画の「アイアンマン」に感化されたと話している。

ブラウニングさんは、これを着用すれば「庭を散歩しながら好きな時に空に浮かび上がって飛ぶことができる」と語っている。

先に伝えられたところによると、ロシアの開発者が新型の空飛ぶバイクを製作した。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント