11:14 2018年07月21日
トヨタ グリーンカーの開発に人工知能を利用

トヨタ グリーンカーの開発に人工知能を利用

© Sputnik / Владимир Астапкович
テック&サイエンス
短縮 URL
233

トヨタ自動車のトヨタ・リサーチ研究所が4年をかけて電気自動車用素材と燃料電池自動車用の触媒用の開発に乗り出す。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

研究者らによればソリューションの模索、開発に取り組むのは人工知能。エンジニアらは人工知能のシステムをソリューションにむけて適応化させる。トヨタは3500万ドルを費やし、2050年までに環境に有害な排気ガスを90%までカットする計画。

人工知能による作業にはスタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学をはじめとする複数の組織が加わる。

先に伝えられたところによると、自動車トヨタ・カムリが、ロシアで最も人気があり需要のあるビジネスクラスの自動車ランキングでトップになった。

 

タグ
トヨタ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント