21:30 2019年08月25日
医師:遺伝子治療の新メソッドが、アルツハイマー病との戦いに役立つ

医師:遺伝子治療の新メソッドが、アルツハイマー病との戦いに役立つ

© Sputnik / Vladimir Trefilov
テック&サイエンス
短縮 URL
273

遺伝子治療の新メソッドが、アルツハイマー病などの神経疾患との戦いに役立つ。タイムズ紙が、先週ロンドンで開かれた神経専門医たちの会議の結果を引用して報じた。

NASAが不老の妙薬を開発
© Fotolia / 18percentgrey
スプートニク日本

この革新的なメソッドは、最も病理学的変化を受けた脳の部分に、健康な遺伝子のコピーを運ぶウイルス粒子を投与するというもの。その後ウイルスは機能が変化する脳細胞に新たな遺伝コードを届け、その蓄積がアルツハイマー病の引き金となる毒性タンパク質の合成を停止させる。

バイオテクノロジー会社Voyager Therapeuticsの責任者スティーブン・ポール氏は「我々はまだ初期段階にあるが、今このメソッドを実際に使用することができる。また脳に遺伝子を届けるために我々が小さなウイルスを使用しているという事実によっても力づけられている」と述べた。

アルツハイマー病は、脳細胞が死ぬことで重度の精神障害および機能障害を引き起こす。アルツハイマー病は65歳以上での発症が多い。アルツハイマー病と診断された後の平均寿命はその患者の年齢にもよるが、一般的に7-10年とされている。

先に伝えられたところによると、ロシア科学が、睡眠ホルモンのメラトニンの助けを借りて、身体の老化を遅らせ る方法を発見した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント