01:50 2020年09月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

地球と同程度のサイズの惑星「GJ 1132b」の大気の化学組成が初めて特定。水蒸気とメタンから成る雲が発見された。論文は『 Astronomical Journal』に公開された。

スプートニク日本

同惑星は、地球からわずか39光年の位置にある赤色矮星「GJ 1132」の周りを公転している。同惑星の質量は、地球の1.5倍。

「GJ 1132b 」は、液体の水が惑星表面にある、いわゆるハビタブルゾーン(生命居住可能領域)。惑星自身はおそらく、1つの巨大な海洋であるかもしれない。惑星大気中の多量の水蒸気とメタンがそれを示唆している。

同惑星と地球の大気が似ていることから、研究者らは同惑星を「地球のいとこ」と呼んでいる。しかし、生命体発見は叶わないだろう。惑星学者の計算によると、惑星表面の温度は摂氏100度から300度。生命体が簡単に発達できる環境ではない。

とにかく、論文の共著者ジョン・サウスワース氏が強く主張するように、このような大気の発見は地球の双子捜索にとってよい知らせだ。

それより前にNASAの望遠鏡が生命が生息すると思われる地球の「姉妹」級の7つの星を発見したと報じられた。

タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント