10:03 2019年07月21日
地球初の動物はどんな見た目だったのか?

地球初の動物はどんな見た目だったのか?

© 写真 : Public domain
テック&サイエンス
短縮 URL
140

地球初の動物は、今日大多数の研究者が仮定するようなナマコやヒドラのような見た目ではなく、クラゲやオビクラゲのような見た目だった。論文は科学誌『ネイチャー・エコロジーアンドエボリューション』に公開された。

スプートニク日本

論文は科学誌『ネイチャー・エコロジーアンドエボリューション』に公開された。

米テネシー州ナッシュビル市のヴァンダービルト大学のアントニス・ローカス氏は、「今日、研究者らは多量の遺伝情報を集め、分析し、要素間の繋がりを特定した後、適用した分析メソッドから彼らの結論が正しいと結論付ける。95%はこれが機能するが、残りの5%の進化系統樹は全く集められない」と述べる。

現代のグループや種の動物の大多数はおそよ5億4000万から5億2000万年前に現れた。この時代、ワームや昆虫、魚などの脊椎動物の先祖が生まれたのだ。

地球最初の多細胞生物は、現代のヒドラやナマコに似ていたと普通考えられている。彼らは非常に原始的な構造で、2層からなり、水を体内に通し、微生物やプランクトン、有機物の破片などを濾過していた。

タグ
動物, 学説, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント