04:53 2017年09月21日
東京+ 21°C
モスクワ+ 10°C
    8本の手足の子どもの手術がインドで成功

    8本の手足の子どもの手術がインドで成功 【写真】

    © Sputnik/ Varvara Gert'e
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1135032

    イラクで8本の手足を持って生まれた生後7ヶ月の赤ちゃんの手術がインドで無事に終了した。15日付のインドの英字日刊紙「ヒンドゥ」が報じた。

    スプートニク日本

    手術が行われたのはノイダ市にあるジャイピ病院。男児患者のカラムちゃんを診た医師らは、症状を多肢症と診断。手術は3段階に分けられ行われた。

    ジャイピ病院のガウラフ・ラトホレ代表によれば、カラムちゃんが最初に病院へ連れてこられたときは生後わずか2週間で危篤状態にあった。医師らは健康状態を診断し、リスク分析を行ったあと、数段階にわけた手術を行うことを決めた。

    ​医師らの話ではカラムちゃんは術後の回復が早く、週明けの月曜にはイラクの自宅へと戻ることができる。

    タグ
    科学, 医療, インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント