14:09 2017年06月23日
東京+ 28°C
モスクワ+ 10°C
    学者たちが、クジラの目でみた南極を紹介する【動画】

    学者たちが、クジラの目でみた南極を紹介する【動画】

    © Fotolia/ Gudkovandrey
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    150631

    研究者たちは、クジラの背中にカメラを設置し、南極海で動画を撮影した。その動画に、ポータルMashableが注目した。

    スプートニク日本

    プロジェクトには、複数の機関の研究者たちが参加した。

    世界自然保護基金(WWF)の動画のコメントでは「研究者たちは、南極におけるクジラの生活と関連した謎を解くためにカメラを設置した。これは、クジラたちがいつ、どこで食べているのか、また彼らの社会生活などについての情報収集を可能とした」と述べられている。

    クジラ研究に関する著名な専門家アリ・フリートレンダー氏は「我々は、クジラが一日の大部分は休息と交流のために過ごし、食事は主に夕方や夜にとっていることを示すことに成功した」と指摘した。

    研究者らによると、入手したデータはクジラの餌場をより良く確保するのに役立つという。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント