13:00 2017年09月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 8°C
    地球外生命体の信号捜索について研究者が語る

    地球外生命体の信号捜索について研究者が語る

    © 写真: Public domain
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 135841

    「 Breakthrough Listen 」プロジェクトの参加者が、地球外生命体のラジオ信号の初捜索について語り、その存在を示す可能性のある跡11個を発見したと述べた。同プロジェクトの広報担当が発表した。

    スプートニク日本

    カリフォルニア大学バークレー校にある「バークレーSETI(セチ)リサーチセンター」のアンドリュー・シミオン氏は、「我々がすること全てを現在、世界は見ることができる。我々は全てのデータを公開し、世界有数の天文学誌に公開のため論文を送った。我々は現在のところマダ、地球外知的生命体の存在の有意な跡を見つけていないが、この捜索を始めたばかりなのだ」と述べた。

    シミオン氏とその同僚は、692者地球から近い星の近くでの捜索の初めての結果を、サイトにオープンアクセスの状態で公開した。さらに、様々な電波域で11個の可能性のある跡を発見したと発表。この「宇宙からのメッセージ」に関心を抱く人はだれでも、それをダウンロードして分析し、その本質解明でチームを助けることができる。

    タグ
    科学, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント