13:21 2018年10月17日
エナジー飲料摂取の最大の危険性は?米研究結果

エナジー飲料摂取の最大の危険性は?米研究結果

© Fotolia / Bits and Splits
テック&サイエンス
短縮 URL
151

米国の研究グループが、エナジー飲料は他のカフェイン飲料の多くよりも非常に危険だとの研究結果を発表。アメリカ心臓協会が、科学誌『Journal of the American Heart Association』に公開された論文を基に発表した。

スプートニク日本

エナジー飲料は、QT時間、つまり心臓の電気的収縮時間を、平均で2時間で10ミリ秒延長するとの結論に至った。

グループは、「もしミリ秒単位で測定されるこの間隔があまりに短かったり長ければ、脈に異常が現れる可能性がある。それによる不整脈は命にかかわる可能性がある」と説明した。

実験は、被験者を集めて、エナジー飲料を摂取させるよう行われた。

先の報道によると、カナダの研究チームは、最も体に悪いアルコール入りカクテルはウォッカとエナジードリンクの組み合わせだとの結論に至った

タグ
健康, 食料, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント