02:00 2018年06月25日
米研究者 最適化された性行為の時間割を組む

米研究者 最適化された性行為の時間割を組む

© Fotolia / Nd3000
テック&サイエンス
短縮 URL
185

米研究チームが200組以上のカップルを集めた実験を行い、性行為実施のために最適化された時間割を組んだ。

スプートニク日本

チームは、性行為の最適なインターバルは2日との結論に至った。性行為による満足感がおよそ48時間続くことによる。

さらにチームは、3日に一回の性行為は妊娠の可能性を高め、カップルの関係に良好に影響すると指摘。

ロシアの性科学者も、海を超えた学者の結論に同意したが、個々人に向けたアプローチを推奨。医学博士候補、アレクサンドル・ポレーフ性科学医によると、中年男性の精子の構成は3日以内に正常化される。一方、21歳から23歳の男性ではこのプロセスはより早い。

先に、人の性生活の特色は、血液型と直結しているとの研究結果が出た

タグ
学説, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント