15:17 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    これからの数十年単位で最大級の地震はいつどこでおきるか

    これからの数十年単位で最大級の地震はいつどこでおきるか

    © AFP 2018/ Alvaro Vidal
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 30

    仏とチリの地震学者らが地理のサンティアゴ市でこの先数十年間に地球史上最大級の地震が発生する予測を立てた。学者らの予測結果は「アース・アンド・プラネタリー・サイエンス・レター」誌に掲載された。

    スプートニク日本

    地下からの力による震動は最低でもマグニチュード8.3と割り出された。

    南米で発生する地震の原因は南アメリカプレートのしたに徐々にもぐりこんでいる太平洋のナスカプレートにかかる負荷。ナスカプレートは年8センチの速さで南アメリカプレートの下に入り込んでいる。

    震源地となりうるのは首都から100キロ離れた中部のバルパライソ。今年2017年に発生する危険性は3%と通常の2-3倍。危険度は年をおうごとに増す。

    学者らは地球上で最も破壊力の大きな地震が発生したのもチリで1960年にサンティアゴの南570キロの地点で起きた地震の大きさはマグニチュード9.5だった。

    先の報道によると、フィリピン沿岸部近くでマグニチュード7.2の地震が発生

    タグ
    地震, チリ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント