20:52 2019年07月21日
罵言はヒトを強くする=イグノーベル賞受賞者

罵言はヒトを強くする=イグノーベル賞受賞者

© AFP 2019 / Karim Jaafar
テック&サイエンス
短縮 URL
107

以前イグノーベル賞を受賞した英国の心理博士が、英南東部ブライトンで開かれた英国心理学会で発表し、試合の前に罵言で自らを「鍛え上げる」スポーツ選手が実際に強くなると述べた。

スプートニク日本

英スタッフォードシャーにある「キール大学」のリチャード・スティーブンス教授のプレゼンテーションによると、罵ることでヒトは、ストレス下で活性化する交感神経系を刺激する。

スティーブンス教授は2つの実験を行い、1つ目の実験では、29人の被験者がエアロバイクでの高負荷をかけるスタンダードなテストを行い、2つ目の実験では、52人が握力計で握力を測定した。最初、被験者は罵言を繰り返しながら課題をこなし、その後、ポーズを置いてから、普通の言葉を繰り返しながら同様のことを行った。

研究の結果、罵ることでヒトは実際に大幅に高い結果を示したと判明。しかし、報告書の注釈には、「心拍やその変化、血圧、皮膚電気活動を通して評価したところ、罵言は心血管系や自律神経系の機能には影響しなかった」とある。

そのため、具体的にいかに、そしてなぜ罵言が力と痛みの閾値に影響するのかは、さらなる研究が待たれる。

 

タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント