16:04 2021年02月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

米サンフランシスコ州のカリフォルニア大学の研究チームが初めて、汚言症などのチックを症状とする神経精神疾患、トゥレット障害の悪化を引き起こす一連の遺伝子の突然変異を発見した。論文は科学誌『Neuron』に公開された。

スプートニク日本

チームは、子どもがトゥレット障害だと診断されたが、両親はそうでない311の家族の遺伝子の一部を研究した。

トゥレット障害の発現は90%のケースで、記憶の働きに関連しており、アルツハイマー症の進行に、完全には解明されてはいない役割を果たしている遺伝子における突然変異と適合していると明らかになった。

論文の著者らは、この結果が現在は不治であるトゥレット障害の治療法の開発の助けになることを期待している。

トゥレット障害を持つ人々は行動や知能の点で一般の人々と何らかわりがないが、突然で不規則な、意図的ではない体の一部の速い運動や発声、つまりチックが繰り替えされる。チック症状の1つには汚言症、つまり意図せずに卑猥、暴言を発するという症状がある。

先の報道によると、朝食は一日でもっとも重要な食事だと考えられている

タグ
医学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント