17:19 2021年01月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
1157
でフォローする

ハーバード・メディカルスクールの研究者らは赤肉が人間にもたらす危険性について明らかにした。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

赤肉は痛風を悪化させやすい。痛風を引き起こす危険性があるのは赤肉のほかには甘いものといわゆる「西側流のダイエット」からできたノンアルコール飲料。

こうした食物を摂取し続けていると心臓循環器系の働きも悪くなると警告を発している。

実験で研究者らは40歳から75歳までの男性4万4千人のデーターを分析した。これら被験者には全員健康診断を受けてもらい、食の嗜好が調べられた。

その結果、果物、野菜、全粒粉の食品、胡桃を摂取している人の痛風罹患率は31%低くなることがわかった。こうした食生活は高血圧も予防する。反対にファーストフード、赤肉、甘いものを好む人たちは痛風のほか、様々な病気にかかりやすい。

先の報道によると、米国の研究者らが毎日摂取する食品群にこれだけは必ず入れるべき3項目を挙げた

タグ
健康, ダイエット, 食べ物, 食事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント