15:59 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ファストフード

    学者たちがファーストフードの主な危険性について説明する

    © Flickr/ chichacha
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1105

    学者たちは、ファーストフードにまつわる主な神話を論破することに成功した。最も有害なのはファーストフードの材料でも、工業用の油で揚げることでもなく、それを保存し運んでいる包装であることが分かった。

    スプートニク日本

    米国の学者たちは、ファストフードチェーン数十社の品目を調べ、大規模な調査を行った。そして学者たちは、各食料品が同じよう保存され、輸送されているという一つの重要な法則を発見した。

    最も危険なのは、タール生産や建設で用いられるフタル酸エステル類が含まれた包装であることが分かった。このフタル酸エステル類が食品と一緒に人体に入り込むことによって、その全ての代謝プロセスが阻害されるという。

    学者たちの仮説は、8000人の血液検査によって確認された。ファーストフードが好きな人たちの体内には、十分にたくさんのフタル酸エステル類があり、彼らの健康状態には問題があるという。

    なお先に生魚に厚生労働省の調べで寄生し、食すと激しい腹痛を起こさせる「アニサキス」の日本での被害報告が増えていることが明らかになった。

    タグ
    健康, 医療, 食品
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント