05:44 2018年12月15日
東京五輪の聖火点灯を目指す「空飛ぶ車」に、トヨタが開発支援

東京五輪の聖火点灯を目指す「空飛ぶ車」に、トヨタが開発支援 【写真】

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
テック&サイエンス
短縮 URL
137

ドローンのように空を飛ぶ車の開発に、トヨタグループ15社が支援することになった。出資額は3年間で4250万円。NHKが報じた。

スプートニク日本

「空飛ぶ車」は、トヨタなどの若手エンジニアによる有志の活動で、有志団体は、四方についた8つの羽でドローンのように空を飛ぶ車を2019年の1月ごろに完成させ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで聖火に点灯することを目指しているという。

先の報道による、スロバキアの企業「Aeromobil」には空飛ぶ自動車の販売する用意ができている。プレゼンテーションはモナコで行われるスーパーカー「TopMarques 」のショーの一環で行われる。

タグ
トヨタ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント