18:58 2020年03月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
191
でフォローする

イタリアの研究チームが、トマトエキスは胃のがん細胞の成長と増殖を抑える可能性があると発見。この発見は、胃がん治療の新たな方法開発の助けになるかもしれない。胃がんは世界で最も多いがんの1つ。サイト「Deccan Chronicle.」が報じた。

スプートニク日本

トマトエキスががん細胞に与える影響を調べたところ、サンマルツァーノ種とコルバリーノ種のトマトのエキスが腫瘍の成長を阻害すると判明。強力な抗がん特性はどうやら、リコピンやトマトの個別のコンポーネントではなく、まるごとのトマトが優しているようだと主張した。

トマトエキスはがん細胞の転移を阻害。さらに、網膜芽細胞腫のタンパク質や細胞周期の特別な抑制剤にも作用。これは、腫瘍細胞の細胞周期停止およびアポトーシス(プログラムされた死)を生じた。

タグ
科学, 医療, 病気, 健康, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント