16:50 2017年11月21日
東京+ 11°C
モスクワ0°C
    日産

    ベストセラーハイブリッド車「e-Power」の世界市場投入を計画 日産

    © Sputnik/ Vladimir Pesnya
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1145952

    日産は、ハイブリッド車「 e-Power」の世界市場投入を検討している。「ノートe-POWER」は日本の自動車市場で本物のベストセラーになった車。

    スプートニク日本

    自動車関連ニュースサイト「Autonews」によると、今年1月の日本市場での売上で、「ノートe-POWER」が、日本製ハイブリッド車の「規範」と見なされているトヨタの「プリウス」を抜いた。日産の報道担当は、海外市場でも成功を収める可能性があると述べた。

    「ノートe-POWER」のシステムは、シボレー「ボルト」と似ている。1.2リッターのガソリンエンジンを、リチウム電池の発電機としているのだ。

    「ノートe-POWER」には充電プラグがなく、外部から充電できないが、ガソリンエンジンによる発電は、走行を保障するに十分だ。燃費については、1リットル32キロ。「ノートe-POWER」の世界市場進出に関する詳細な情報はまだ入っていない。

    この前、ドローンのように空を飛ぶ車の開発に、トヨタグループ15社が支援することになった。

    タグ
    テクノ, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント