03:37 2017年07月23日
東京+ 27°C
モスクワ+ 20°C

    ユニークなキンメペンギン 2060年までに絶滅の恐れ

    CC BY 2.0 / Ville Miettinen / World's rarest penguin
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 27924

    ニュージーランドに生息する希少種ペンギンのキンメペンギン(Megadyptes antipodes)が、2060年までに絶滅する恐れがある。雑誌PeerJの中で述べられている。

    スプートニク日本

    学者たちは、海水温の上昇がその原因だと指摘している。

    オタゴ大学(ニュージーランド)のステファン・マイヤー氏は「2015年に確認された大人のペンギンが生存する一般的な可能性を考えた場合、我々のモデルは、ニュージーランドのキンメペンギンはおよそ25年後に絶滅すると示している。彼らの数におけるあらゆる大きな損失は、今日そして近い将来、その日に近づくばかりだ」と発表した。

    キンメペンギンは、ペンギン種の中で最も北部に分布し、最も希少な1種で、約1500万年前にニュージーランドや南米沿岸に生息していた体長2メートルの巨大ペンギンあるいはその近縁種の直属の子孫。そのためキンメペンギンの解剖学的構造、行動スタイル、繁殖戦略は、他のペンギンと著しく異なっている。

    先の報道によると、欧州の研究チームが、理論上クモは地球の全人類を1年で喰らい尽くせると計算した

    タグ
    動物, ニュージーランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント