11:31 2017年11月21日
東京+ 8°C
モスクワ+ 1°C
    ナッツ類に隠された脅威の大腸ガン再発予防効果

    ナッツ類に隠された脅威の大腸ガン再発予防効果

    © Fotolia/ Yuliiaholovchenko
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    13756140

    ナッツが健康にいいことはよく知られている。ところが単によいだけでなく実は特殊な効果もある。CTVニュースによれば、アーモンド、ピーカン、クルミ、ヘーゼルナッツ、カシューナッツには大腸ガンの再発リスクを激減させる効果がある。これはガンの第3ステージの治療を受けている患者826人を対象にした実験で明らかになった。患者のうち治療後3年の延命率は70%も上がった。

    スプートニク日本

    患者のうち19%は1週間に2オンスのナッツ類を摂取した。そのうち再発リスクは治療後、ナッツ類を摂取しなかった患者に比べて42%も下がり、死亡リスクは57%も下がった。今度は摂取対象が上記のアーモンド、ピーカン、クルミ、ヘーゼルナッツ、カシューナッツに絞られると、1週間に2オンス摂取した場合、摂取しなかった患者に比べてガンの再発リスクは46%、死亡リスクは53%も下がることがわかった。

    ナッツのガン再発防止効果がどんなに大きくても、専門家らはこれを理由に放射線、化学治療といった通常の治療に代替できるわけではないと念を押している。ただしこの実験結果は、いかに摂取する食物が重要かを浮き彫りにしている。

    先の報道によると、ロシアの学者らがガン細胞の抹殺には従来の放射線治療よりもプロトン(正の電荷をもった粒子)の光線を用いる手法が最も短時間で安全だということを証明した

    タグ
    食品, 医学, ガン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント