12:59 2021年06月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
2104
でフォローする

中国企業の検査およびそうした工場で生産される食品を実験室でテストしている企業「アジアインスペクション」が発表した調査結果によると、中国食品産業界で数千の衛生検査を行ってきる。

スプートニク日本

食品の48%が衛生検査を通過していないことがわかった。その理由は発注者の衛生基準に食品が合致していないため。

アジアインスペクションによれば、多くの工場で衛生基準が遵守されておらず、工場労働者は手袋さえはめていない。実験室での調査では、農薬、抗生物質、重金属の含有量が基準をはるかに超えており、様々な病気の原因になるバクテリア、ウィールスも多く含まれていることがわかった。

このほかにも包装上の規則も守られていないことがわかった。可笑しな匂いや色を伴う包装やパッケージの損傷が認められたほか、魚介類をパッキングする際に重量を多く見せようと水を入れていることも指摘されている。

先の報道によると、スペインの遺伝学者らが、特定の遺伝子変異が、例えばチョコレート、塩、高脂肪食品、野菜など、様々な食べ物の人間の好みを決めていることを発見した

タグ
食品, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント