08:51 2021年09月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
240
でフォローする

より長く若くいるためには、食事のカロリーを25%下げる必要がある。カロリー制限によって生物的老化は年間で0.6年遅らされる。米デューク大学の研究チームが、肥満に悩んでいない人々220人のデータを分析した結果、特定された。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

研究によると、カロリーを制限した被験者の生物学的年齢は開始から12ヶ月後には平均で0.11年分老化し、別のグループの被験者は0.71年分老けた。チームは理由を突き詰めてはいないが、おそらくは、エネルギー不足による細胞の分裂や死が防がれ、体内での炎症レベルが下がったためである可能性がある。

この前、NASAがイノベーション不老の妙薬を開発したと発表された。また、豪州ニューサウスウェールズ大学の研究者グループが人間の体内組織の老化を劇的に遅らせる新たな手法を開発した。

先ほど、スプートニク通信の筆者リュドミラ サーキャンが日本で高齢化政策がどんな形で行われているかについてオピニオンを述べた。

タグ
老化, 健康, 食べ物, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント