20:21 2021年01月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

チリのアタカマ砂漠で世界最大の超大型望遠鏡(E-ELT)の建設が開始された。チリ政府のサイトが明らかにした。

スプートニク日本
チリのミシェル・バチェレ大統領が建設スタートの合図を出した。建設完了予定は2024年。

先ほど、世界初、3Dプリンター製ロケットがニュージーランドで打ち上げられた

タグ
テクノ, 宇宙, チリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント