06:11 2018年06月19日
ネット上に外骨格タイプの米軍人用新型パワードスーツの映像現る!【動画】

ネット上に外骨格タイプの米軍人用新型パワードスーツの映像現る!【動画】

© Sputnik / Ramil Sitdikov
テック&サイエンス
短縮 URL
133

ネット上に、普通の兵士をスーパーソルジャーに変える外骨格タイプのパワードスーツを紹介する映像が現れた。このスーツを身につければ、重い武器や荷物を軽々と運ぶことができる。ロッキード・マーティン社が開発した。

スプートニク日本

このスーツは「FORTIS」と名付けられ、支持フレームにより歩兵の作業を助け、膝の屈伸運動の負荷を軽減する。

システムは、センサーの助けにより、重量を算定し、基本的な負荷を膝に移す、そこではパワードスーツが、追加的なサポートを保証してくれる。おまけにセンサー自体、普通のスマートフォンの中で使われているものに類似している。

スピードや方向、運動の角度についてのデータを集めながら、情報は、膝の部分の駆動機構を制御するコンピュータオンボードに伝えられる。システムが(兵士の作業に)助けが必要だと判断した場合、負荷を支えるため機動機構の中に、パルスを発生させる。

「FORTIS」は、当初から軍事用に開発され、軍用のリチウム電池を使用する。スーツの重さは全体で12,5キロだが、兵士が事実上、それに気が付かないように分配されるとの事だ。

先の報道によると、米軍は、レーザー兵器を装備した装甲戦闘車MEHEL 2.0 (Mobile Expeditionary High Energy Laser)のテストを射撃場で実施した。

タグ
科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント